2006年05月23日

あるある地震対策コップ


あるある大事典地震対策のコップ編、復習です

300円で出来る地震割れ物対策

コップの置き方をどうするか


★こっぷを広い口の部分を下にするか、重い底の部分を下にするか
どちれも理にかなっているようですけど
実際の地震の時はどちらが倒れにくいのか?

地震の時に割れる確立が大きく違ってきます。





あるある地震実験による答え

普通に上を向けて置く
重心が低いため、安定して倒れにくい


逆さに下に伏せて置く
重心が高く、倒れやすい、倒れて飛散することになる

地震対策コップ.JPG

重心が高い方が倒れやすく、いったん倒れるとほぼ確実に割れてしまいますね。

これはなるほどと思いました。


地震 割れで楽天を見る











posted by 健康tomo at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしと生活・災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

健康番組ブログ

健康番組で取り上げられる情報です
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。