2006年05月20日

あるある地震対策、窓ガラス


あるある地震対策、窓ガラスの復習メモです


危険な窓ガラスとその対処法

地震の時の窓

ガラスサッシなどの歪みが生じ爆発した



危険な理由 ゴムの硬さ サッシとガラスの間のゴム

ゴムが硬いと衝撃吸収性が劣る
     ↓
ゴムは15年で劣化し、硬くなってしまう


硬いゴムの判定

爪楊枝をゴムの部分に刺します。
刺さらなかったりすぐ倒れてしまうゴムは安全性に問題があります。


※透明フィルムを貼ることで解決


中性洗剤を軽く吹きかけワイパーのようなものやヘラで押し付けて伸ばすように貼り付ける

網目が入った窓ガラスなどはフィルムを貼る必要は無い

★うちでは中に5cm感覚で針金のようなものが入っているガラスでした。透明の針金が無いガラス窓の方は試してみてください。

見た目にも不自然なく問題無しです。最近では紫外線を防ぐタイプも多く、じゅうたんやタタミの日焼けを防ぐことも出来ると思います。

【防災グッズ】ガラス飛散防止シートM6120
(その他食器棚用、でこぼこガラス用などあるようです)







posted by 健康tomo at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしと生活・災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

健康番組ブログ

健康番組で取り上げられる情報です
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。